九谷焼について

九谷焼の起こり

色絵鳳凰図平鉢

九谷焼とは、石川県江沼郡山中町九谷村で17世紀中頃に作られ始めた焼物のことであり、 この時代のものが、いわゆる古九谷と言われています。
加賀藩三代藩主「前田利常」は、陶磁器に強く関心を持ち、陶石が九谷村で発見されをきっかけに、 この地で磁器生産が開始されました。 九谷焼という名前は、後に統一されたものであり、 「大聖寺焼」「大聖寺染付」「大聖寺伊万里」という呼ばれ方もしました。

九谷焼の違い

九谷焼は、大別すると古九谷(こくたに)、再興九谷(さいこうくたに)、明治九谷(めいじくたに)、 現代九谷の4つの時代に分けられます。

古九谷(こくたに)

1655年頃から約50年間、九谷村で作られたとされる陶磁器で、 交趾釉を全面に用いた青手と呼ばれるものと、五彩を用いた色絵があります。 作風は豪快で、作為のない素晴らしさに溢れています。
「古九谷」

再興九谷(さいこうくたに)

再興九谷とは、古九谷が途絶えてから約100年後に、金沢の卯辰山で青木木米を招き開窯した、 春日山窯を起こりとする九谷焼で、赤絵、染め付けの若杉窯(小松地区)、 古九谷再興の吉田屋窯(大聖寺地区)が続きます。
「再興九谷」

明治九谷(めいじくたに)

明治九谷とは、海外貿易をかわきりに商人達により輸出された九谷焼群を主に指し、 赤絵や金襴を多く描いた時代です。この期を境に九谷焼の分業制が取られるようになりました。 明治九谷は、産業九谷、貿易九谷とも呼ばれます。
「明治九谷」

現代九谷

現代九谷(げんだいくたに)

現代九谷とは、輸出が低迷し、国内向けの九谷焼を作り出し、 多種多様に発展して現在まで続く九谷焼です。

九谷焼の図柄

上記の時代を通して九谷焼の代表的な絵柄として、11種類に分類されています。
古九谷(こくたに)、吉田屋(よしだや)、木米(もくべい)、庄三(しょうざ)、永楽(えいらく)、 青粒(あおちぶ)、釉裏金彩(ゆうりきんさい)、釉裏銀彩(ゆうりぎんさい)、祥瑞(しょんずい)、 釉彩(ゆうさい)、盛(もり)に分けられます。

古九谷

古九谷(こくたに)

古九谷時代風の作を指し、交趾釉と赤などを用いて、幾何学的な文様や、 写実的な絵を描きます。実際の「古九谷」作品または「古九谷写し」は多種に渡りますが、 絵柄としては、いわゆる色絵を指します。

吉田屋

吉田屋(よしだや)

豊田伝右衛門による吉田屋窯風の作を指します。 吉田屋窯は、「古九谷の青手写し」を主とした窯でしたから、 ここで言う吉田屋ももちろん古九谷に入るのですが、古九谷の色絵に対して青手の物を吉田屋と呼びます。

木米

木米(もくべい)

再興九谷を興した青木木米風の作を指します。 青木木米の作品は多岐に渡りますが、ここで言う木米は、骨書きした上に交趾釉を用い、 周囲を赤で埋め尽くす作の事です。木米の呼び方とは別に、「百人手」と言う事もあります。

庄三

庄三(しょうざ)

庄三とは、再興九谷時代に小野窯の主工であった人物で、彩色金襴手を得意とした人物であり、 その作風を庄三風と言います。 割取りし、写実的に描かれた絵に五彩と金泥を用いた作を一般に庄三と呼びます。 土や釉薬の研究でも知られており、五彩は全体的に明るい発色が特徴です。

永楽

永楽(えいらく)

永楽とは、京都の名工永楽和全が得意とした作風の、赤で埋めた下地に、 金のみで描かれる作を指します。

青粒

青粒(あおちぶ)

青粒とは、大正時代に広まった技法で、黒などの下地に、金で模様を描き、 その隙間に緑釉を点で埋め込む作を指し、他に白粒、金粒があります。 粒は、花瓶や香炉などに多く見られます。

釉裏金彩

釉裏金彩(ゆうりきんさい)

釉裏金彩とは、赤絵金彩などと違い金箔の上から釉薬を掛けた金彩で、 透明釉から見る金に奥行きが出る。また、擦れても金箔が剥がれない。

釉裏銀彩

釉裏銀彩(ゆうりぎんさい)

釉裏銀彩とは、釉裏金彩が金箔を使うのに対し、銀箔を使用したもの。 銀は酸化により黒くなるが、上薬が掛かる為、空気に触れず美しい発色が保たれる。

祥瑞

祥瑞(しょんずい)

祥瑞とは、中国明末期の景徳鎮の民窯で造られた染付で、 「五良大甫 呉祥瑞造」の銘から祥瑞と呼ばれている。桃山の茶人、文人好みの緻密な染付の作風です。

釉彩

釉彩(ゆうさい)

釉彩とは、青、緑、黄、紫の釉薬を、上薬のように使った施釉です。 図画として絵付ける九谷焼の中で、人工と自然の融合が感じられる抽象的な九谷焼です。

盛

盛(もり)

盛とは、獅子などの置物に使われる技法で、 イッチン(筒描き)で盛絵具を装飾していくように描かれる。

現在制作されている九谷焼は、窯元の生産と、作家に大別されます。
図柄は、古典と現代風に分けられ、 作家はオリジナル性を重視した作品を描く傾向が強くみられます。
九谷焼は、いつの時代も古典と現代を制作し、上記のような図柄や技法が生まれ、 現在のように全く異なる意匠が九谷焼と称されています。。
常に古典を意識しながら、常に変化をしていく事が、九谷焼の持ち味です。

ドットカラフル水平線
Copyright © 古九谷美術館 kokutani.com 2020 All Rights Reserved.