春日山窯

春日山窯 (1807〜1818) 金沢

古九谷閉窯から約100年後、春日山窯(春日山木米窯とも言う)は、当時加賀藩では磁器が無く、 多額の代金が藩外に流出していた為に、藩内で使用する陶磁器は、藩内で生産したいという考えから、始まった。
京都より青木木米を迎え、文化二(1805)年より瓦用の窯などで土の試し焼きなどを行い、 2年後の文化四(1807)年に助工の本多貞吉と共に来沢し、春日神社付近で藩営として開窯した。

1年後の文化五(1808)年に藩の財政的理由により、民間に経営が移り、この年に青木木米は、京都に戻った。 春日山窯は、松田平四郎の経営となり、本多貞吉、越中屋平吉、任田屋徳右衛門などが木米風の制作を続けた。

春日窯の作風は、青磁、南京赤絵、宋胡録、南蛮、高麗、仁清写し等で、 文人趣味の木米(木米窯)は、古九谷風の品は無い。
文化八(1811)年に本多貞吉が若杉窯に行き、文政元(1818)年に廃窯した。

春日山窯の作品

色絵鹿図呉須赤絵写鉢
色絵鹿図呉須赤絵写鉢
口径18.6cm 高さ8.6cm
春日山窯 江戸 19世紀
石川県立美術館所蔵
色絵唐人物図鉢
色絵唐人物図鉢
口径32.7cm 高さ15.3cm
春日山窯 江戸 19世紀
石川県立美術館所蔵
ドットカラフル水平線
Copyright © 古九谷美術館 kokutani.com 2020 All Rights Reserved.