民山窯

民山窯 (1822〜1844) 金沢

加賀藩士の武田秀平が、春日山窯の復興を目指し、山上松次郎、鍋谷吉兵衛、越中屋兵吉、任田屋徳右衛門を招き、 文政五(1822)年に春日山で開窯した。

里見町の自宅には錦窯を数基造り、多数の工人を育て、相当量の製品を生産し、藩内はもとより、 能登、越中、越前、京阪、越後にまで販路を伸ばした。
弘化元(1844)年、秀平の他界により廃窯した。

素地は淡い赤褐色の磁器で、あまり上質では無いが、赤絵に摺金で上書きした品が、 後の九谷焼に大きく影響を与えることとなる。
印には全てに、「民山」と書かれている。

民山窯の作品

色絵山水図輪花鉢
色絵山水図輪花鉢
口径24.3cm 高さ5.4cm
民山窯 江戸 19世紀
石川県立美術館所蔵
赤絵花鳥文輪花小皿
赤絵花鳥文輪花小皿
口径16.1cm 高さ4.9cm
民山窯 江戸 19世紀
石川県立美術館所蔵
ドットカラフル水平線
Copyright © 古九谷美術館 kokutani.com 2020 All Rights Reserved.