蓮代寺窯

蓮代寺窯 (1847〜1865) 能美

小松の松屋菊三郎が、弘化四(1847)年に蓮台寺地区に開いた窯である。
松屋菊三郎は、粟生屋源右衛門に製陶を学び、斉田伊三郎、古酒屋孫次に陶画を学んだ。 その後、摂津、京都で学び開窯に至った。

開窯当初の素地は黄みをおび不完全であったが、その後は他窯でも類を見ない完全な磁器の制作に成功した。 さらに、難しいと言われていた磁器に五彩の上絵を描く事にも成功した。古九谷以来の五彩磁器であった。 これらの九谷焼を「青九谷」と呼ぶ。
1860年後期には八幡に新窯を開き、明治元(1868)年に、この窯を息子である松本左瓶に譲った。

主工には、松屋菊三郎、粟生屋源右衛門、川尻喜平、中小路七蔵、大蔵清七などがいる。

蓮代寺窯の作品

色絵雲鶴文角皿
色絵雲鶴文角皿
口径26.2cm 高さ4.8cm
蓮台寺窯
小松市立博物館所蔵
色絵菊童子図小皿
色絵菊童子図小皿
口径15.4cm
蓮台寺窯
寺井町九谷焼資料館所蔵
ドットカラフル水平線
Copyright © 古九谷美術館 kokutani.com 2020 All Rights Reserved.