松山窯

松山窯 (1848〜1872) 加賀

大聖寺藩が嘉永元(1848)年に、江沼郡勅使村松山の山本彦左衛門に命じて築窯させたのが松山窯である。 松山窯は、半民半官窯で藩の庇護を受けており、主に大聖寺藩の贈答品を生産した窯で、 「松山の御上窯」と呼ばれていた。

藩政末期に藩が、山代の永楽窯(九谷本窯)を援助する為に、松山窯の保護を廃止し民窯となり、 木下直正、表喜左衛門、長左衛門、忠左らが引き継ぎ、明治五(1872)年まで続いた。

作風は吉田屋風の青九谷が中心で、吉田屋より固い線を描き、意匠化され青九谷制作の中で最も優れており、 古九谷に近い斬新な作が多い。
民窯になってからは、染付の日用品や、白磁を生産した。

工人には、粟生屋源右衛門、松屋菊三郎、中野忠次、大蔵清七、浜坂清五郎、西出吉平、北出宇与門、 山本庄右衛門、東野惣次郎などがいる。

松山窯の作品

色絵桐鳳凰文平鉢
色絵桐鳳凰文平鉢
口径36.0cm 高さ5.4cm
松山窯
石川県立美術館所蔵
色絵双馬図平鉢
色絵双馬図平鉢
口径36.5cm
松山窯
加賀アートギャラリー所蔵
色絵鶴丸紋大香炉
色絵鶴丸紋大香炉
口径24.2cm 高さ16.4cm
松山窯 19世紀
加賀アートギャラリー所蔵
ドットカラフル水平線
Copyright © 古九谷美術館 kokutani.com 2020 All Rights Reserved.