古九谷美術館

美しい古九谷の世界

古九谷から、ジャパンクタニまで

色絵鳳凰図平鉢
江戸時代から明治時代
目次
ファイル 九谷焼について
九谷焼の特徴や歴史などを、説明しています
ファイル 九谷焼の歴史
解りにくい九谷焼の歴史を、年表にして紹介していますのでご利用下さい
ファイル 古九谷について
今も人を魅了し続ける古九谷についてご紹介します
ファイル 青手古九谷の名品
青手古九谷の名品を御覧頂けます
ファイル 色絵古九谷の名品
色絵古九谷の名品を御覧頂けます
ファイル 再興九谷とは
再興九谷と呼ばれる時代の九谷焼を、窯場ごとに御覧頂けます
ファイル 春日山窯
1807年に青木木米が金沢の卯辰山に開いた、再興九谷最初の窯をご紹介します
ファイル 若杉窯
1811年に能美の若杉に、林八兵衛が本多貞吉を陶工にして開いた若杉窯をご紹介します
ファイル 小野窯
1819年に小松の小野村に、本多貞吉の門弟であった藪六右衛門が開いた小野窯をご紹介します
ファイル 民山窯
1822年に春日山窯の復興を目指して開いた民山窯をご紹介します
ファイル 吉田屋窯
1824年に古九谷の地である九谷村に、加賀大聖寺の豊田伝右衛門が開いた吉田屋窯をご紹介します
ファイル 木崎窯
1831年に山代新村庄道に、木崎卜什が開いた木崎窯をご紹介します
ファイル 宮本窯
1835年に吉田屋窯を譲り受け、宮本屋宇右衛門が飯田屋八郎右衛門を主工にして開いた宮本窯をご紹介します
ファイル 蓮代寺窯
1847年に小松の蓮台寺地区に、松屋菊三郎が開いた蓮代寺窯をご紹介します
ファイル 松山窯
1848年に大聖寺藩の命により、江沼郡勅使村松山の山本彦左衛門が開いた松山窯をご紹介します
ファイル 佐野窯
1858年に小松の佐野村に、斉田道開が開いた佐野窯をご紹介します
ファイル 永楽窯
1865年に大聖寺藩が宮本窯を買い入れ、永楽和全を主工にして開いた永楽窯をご紹介します
ファイル 再興九谷その他の窯
再興九谷に活躍した陶工の窯と作品をご紹介します
ファイル 明治九谷とは
明治時代の貿易九谷とも呼ばれる九谷焼を、名品と共に御覧頂けます
参考文献

九谷焼=歴代の作品でつづる九谷焼の歴史=

監修 嶋崎 丞
編集 正和久佳、相上芳夫
発行 石川県九谷陶磁器商工業協同組合連合会
発行年 平成9年9月30日

九谷焼330年史

編集者 二羽 弥、田中 茂、道本吉太郎、道本外市、朝倉良夫
発行所 寺井町九谷焼資料館
発行年 昭和61年8月30日

産業九谷の曙

貿易九谷展
刊行 寺井町九谷焼資料館
発行年 平成3年6月1日

産業九谷のあけぼの II

寺井九谷展
刊行 寺井町九谷焼資料館
発行年 平成3年7月31日

産業九谷のあけぼの III

金沢九谷展
刊行 寺井町九谷焼資料館
発行年 平成4年8月11日〜9月13日

産業九谷のあけぼの IV

加賀・江沼展
刊行 寺井町九谷焼資料館
発行年 平成5年10月5日〜11月14日

ドットカラフル水平線
Copyright © 古九谷美術館 kokutani.com 2020 All Rights Reserved.